クレジットカード現金化をクレジットカード会社に知られない方法とは?

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用したことがクレジットカード会社に知られるとカードの利用停止などのペナルティを受けます。

そのような事にならないためにも、現金化をしている事実をカード会社に知られない方法が分かっていると万が一の時に助かります。

完璧にばれない方法というのはありませんが、ばれにくい方法はいくつかあります。

目次

キャッシュバック方式の現金化業者を利用する

前述していますが、キャッシュバック方式ではカード会社に現金化の事実を発覚しづらい方式です。

買い取り方式では換金性の高い商品を購入してしまうのでカード会社も警戒しますが、キャッシュバック方式では換金性の低い商品を購入しています。

そのため、現金化の事実がばれないようにするには、キャッシュバック方式の現金化業者を利用する方がいいでしょう。

クレジットカード現金化の限度額を確認する

現金化をする前には、利用できるショッピング枠の限度額を確認しておいた方がいいでしょう。

ショッピング枠を超える現金化を利用しようとすると、カード会社に発覚しやすくなります。

現金化業者もショッピング枠の限度額を確認していますが、業者によってはスルーしてしまうこともあるため自分でも前もって確認する必要があります。

クレジットカード現金化を個人で行わない(現金化業者を利用する)

個人で現金化をする場合では、できるだけ換金性の高い金券や商品券などを使って換金しようとします。

すると、そのような換金性の高い商品をクレジットカードを使い購入してしまうと、カード会社に現金化がばれやすくなります。

そのため、個人での現金化は行わずに、現金化業者を利用する方が安全な方法となります。

過去にクレジットカードの利用でトラブルがあった人は要注意

現金化をする際にはクレジットカードの利用で過去にトラブルがあった人は要注意で、出来れば現金化すること自体お勧めしません。

キャッキング枠やショッピング枠で返済の遅延や過度な利用履歴があると、カード会社は特に監視が厳しくなるため現金化が発覚しやすい状態になっています。

優良な現金化業者を利用する

優良な現金化業者を選ぶことも大切で、強引に現金化をしてくるような業者を利用してしまうと現金化がばれやすくなります。

そのためにも安全性が高く、口コミや評判の良い現金化業者を利用しましょう。

>>ショッピング枠現金化業者ランキングはこちら

目次
閉じる