【Amazonギフト券を安く購入する方法!】電子ギフト券のおすすめ買取販売サイト

amazongift-yasuku

Amazonギフト券を代表とする電子ギフト券はさまざまなシーンで活用できることから高い人気があります。

Amazonギフト券などの電子ギフト券を額面よりも安く購入できたら良いのにと思ったことはないでしょうか。

実はAmazonギフト券やその他の電子ギフト券には安く購入する方法が存在しています。

Amazonギフト券はAmazonの公式サイトで額面通りに購入して使ってもあまり意味がないと思っていた人もいるでしょう。しかし、安く買えるのなら早速手に入れて使いたいという人もいるはずです。

この記事ではAmazonギフト券などの電子ギフト券を安く購入できる仕組みについて概要を説明しています。

特に人気のあるAmazonギフト券を中心に取り上げて、安く買う方法を選ぶメリットとデメリット、注意点などについても紹介するので、今後の電子ギフト券との付き合い方を考えてみて下さい。

目次

Amazonギフト券・電子ギフト券が安く購入できる仕組みについて

Amazonギフト券などの電子ギフト券は通常は公式サイトで額面通りの費用を払って購入する仕組みになっています。

この買い方では電子ギフト券を買って得をすることはありませんが、安く買えればメリットが生まれるでしょう。

まずは電子ギフト券を安く購入できる仕組みとして代表的なものを6つ紹介します。

どのような仕組みで安く買えたと言えるのかもわかりやすく説明するので詳しく理解しておきましょう。

発行業者によるオフィシャルキャンペーン

電子ギフト券の発行業者がオフィシャルサイトでキャンペーンを実施していると安く買えることがあります。

電子ギフト券利用のプロモーションすることや、業者が資金調達をすることを目的としてキャンペーンが実施されています。

キャンペーンは期間限定で実施されていて、内容についてもその都度異なるのでどのくらいお得かはケースバイケースです。

例えば、Amazonギフト券で過去に実施されていたキャンペーンとして、購入するとAmazonポイントが付与されるものがありました。

5000円をチャージすると1000ポイントのAmazonポイントが付与されるというキャンペーンでした。

12000円のチャージでは2000ポイントだったので、まとまった金額のポイントバックを得たい人にも魅力がったキャンペーンです。

AmazonポイントはAmazonのサービスでの支払いに1ポイント=1円で使用できるので、実質的に1000円引きで買える仕組みになっていました。

他にも対象ギフト券を5000円以上購入すると500円クーポンをもらえるキャンペーンなども実施されています。

タイミングを見計らって利用すれば実質的には安くAmazonギフト券を買えるのです。

公式のポイント還元を利用

Amazonギフト券などの電子ギフト券の購入ではポイント還元を利用して実質的に安くすることができます。

仕組みとしては単純で、購入のために支払った費用からポイント還元を受けるだけです。

支払いに使えるポイントが還元される方法を選べば、実質的には安く購入できたことになります。

Amazonギフト券では現金でチャージすると最大で2.5%のAmazonポイントが還元されます。

プライム会員なら最大2.5%ですが、通常会員の場合には最大2.0%です。

1回のチャージ金額によって還元率が変わる仕組みになっていて、最大還元率にするには9万円ものチャージが必要になります。

ただ、Amazonを普段から利用している人や高額のショッピングをする予定の人にとっては大きな魅力でしょう。

クレジットカードなどのポイント還元を利用

公式サイトでポイント還元サービスをしていないときでも、購入費用に対するポイント還元を受け取ることで安く購入できる場合があります。

最も単純なのはクレジットカード決済をする方法です。

クレジットカードは利用額に応じたポイント還元をしているものがたくさんあります。

ポイント還元率は0.1%~1%程度が標準的ですが、高いものでは2%くらいになることもあります。1%分とはいえ安上がりになるので魅力的な方法です。

ただ、Amazonギフト券はクレジットカード払いで購入できますが、金券はクレジットカードで支払いができない場合がほとんどです。

しかし、セブンイレブンで電子ギフト券を購入すれば安上がりにすることができます。

コンビニの店頭で売っている電子ギフト券だけでなく、オンラインで購入手続きをしてコンビニ払いをする方法も可能です。

セブンイレブンを使うとnanacoでの支払いができます。

nanacoはクレジットカードでのチャージが可能なので、クレジットカードによるポイント還元を受けられます。

個人間で売買

電子ギフト券を個人間で売買することで安く購入することができます。

電子ギフト券をもらったけれど使わないから現金にしたいという人は大勢います。

特にAmazonギフト券はさまざまなサービスのキャンペーン特典や懸賞のプレゼントとして用いられるようになり、手に入れる機会が多くなりました。

しかし、誰もがAmazonを利用しているわけではないので、もらっても何の役にも立たない場合があります。

自分の周囲を見回してAmazonギフト券などの電子ギフト券を売りたいと思っている人を探してみましょう。

兄弟や従兄弟、叔父や叔母などの親族なら取引をしやすいでしょう。

会社の同僚や学校の友人などでも、いらない電子ギフト券を持っていて使わない人に声をかければきっと喜んで売ってもらえます。

個人間で売買するときには互いの信頼関係があることが大切です。

額面通りの売買になってしまっては相手にとってはメリットがあっても、結局安く買えない結果になってしまいます。

その後の付き合いも考慮して、無理は言わないようにしつつ交渉して安く譲ってもらえるようにしましょう。

電子ギフト券の転売サイト

電子ギフト券の転売サイトを利用して個人間取引をする方法もあります。

自分の周囲を見ても電子ギフト券がいらなくて処分したいと思っている人が見つからないこともあるでしょう。

安く電子ギフト券を買わせてもらうと、その後の人間関係に不安があるという人もいるかもしれません。その際に有用なのが電子ギフト券の転売サイトです。

転売サイトでは個人同士での電子ギフト券の売買をする場を提供しています。

電子ギフト券を売りたいと思う人が金額を決めて出品し、その金額を見て買いたいと思った人が購入手続きをするという仕組みです。

転売サイトはギフトコードと現金の交換を橋渡ししています。

個人間売買ではギフトコードを送ったのに現金が振り込まれない、代金を払ったのに無効なギフトコードが送られてきたといったトラブルが発生しています。

転売サイトはこのようなトラブルを防ぐために間に立ち、取引が成立したらギフトコードと代金をサイト運営側からそれぞれに送るシステムで運営しているのが一般的です。

転売サイトを使うと安く購入できるのは、額面よりも安い価格で販売しないと買ってくれる人が出てこないからです。

安ければ買いたいと思う人が増えるので、早く売りたい人はかなり安い価格で販売しています。

電子ギフト券の買取販売

電子ギフト券の買取と販売をしているサイトや業者を利用すれば電子ギフト券を安く買えます。

街中にある金券ショップでは電子ギフト券を取り扱っていない場合が多いですが、電子ギフト券の買取サイトはたくさんあります。

買取専門サイトとして運営されていることが多いものの、運営業者としては買い取った電子ギフト券を使って利益を出さなければならないでしょう。

最も単純なのは販売する方法なので、買い取った電子ギフト券を販売している場合があります。

電子ギフト券の買取販売サイトや買取販売業者では額面通りの金額で販売することはありません。

金券ショップで各種商品券やギフトカード、新幹線・バスの回数券などを額面よりも安く販売しているのと同様に、電子ギフト券も安くなっています。

額面通りでは買う人にとってメリットがないので、需要と供給のバランスを考慮した価格設定で販売されています。

電子ギフト券がいらないと思った人が現金化のために買取サイトや買取業者を利用していることもよくあります。

在庫が供給されているときならいつでも買えるのが魅力でしょう。

Amazonギフト券を安く購入するメリット・デメリット

Amazonギフト券を安く購入できるとメリットがあるのはイメージできる人もいるでしょう。

しかし、デメリットもあるので本当に安く買えば良いのかどうかは慎重に考えるのが大切です。

ここではメリット・デメリットについて特に重要なポイントに絞って紹介します。

Amazonギフト券を安く手に入れるメリットはだんだんと増えてきているので、今まであまりメリットが大きくないと思っていた人も再確認してみて下さい。

Amazon のサービスをお得に利用できる

Amazonギフト券を安く買えるとAmazonのサービスをお得に利用できるのが最大のメリットです。

Amazonギフト券はAmazonでのショッピングの支払いだけでなく、Amazonの提供している各種サービスの支払いにも使用できます。

Amazon MusicやAmazonプライムビデオチャンネル、AmazonパントリーやAmazonファミリーなどのさまざまなサービスが続々と登場してきています。

会員料金などのように一部の支払いには使用できませんが、Amazonを使用している人ならきっとAmazonギフト券を少し安く買うだけで節約になるでしょう。

Amazon Payの支払いに利用できる

Amazonギフト券はAmazonのサービスを使っていない人でも安く購入できるとメリットがあります。

Amazonの提供している決済サービスのAmazon PayでAmazonギフト券を利用できるようになったからです。

Amazon Payでの支払いが可能なオンラインショップや店舗では実質的にAmazonギフト券で支払いができます。

有名なファッションブランドの公式ショップや家電量販店、ドラッグストアやスポーツショップなど、様々なジャンルのサービスでAmazon Payを利用可能です。

Amazonギフト券を安く手に入れられればAmazon Payでの支払い額を実質的には減らすことができます。

Amazon Payの提携店で大きな買い物をするときや、定期的に何かを買う場合にはAmazonギフト券を割安で買うメリットが大きいでしょう。

参考:https://pay.amazon.co.jp/blog/amazon-amazon-pay-2020-6-1

使わなかったら損をする

Amazonギフト券を安く買うデメリットとしてまず挙げられるのが、使わなかったら損をすることです。

安いからといって多額のAmazonギフト券を購入しても、特に買うものがなくて残高が減らない場合もあります。

Amazonギフト券には発行されてから10年間の有効期限があるので、気付いたら失効してしまったというトラブルも起こっています。

特に新品で購入したのではなく、個人間売買や転売サイトなどで手に入れた場合には何年前に発行されたAmazonギフト券かがわかりません。

購入した時点で残り期間がわずかしかなく、失効させるよりはましだという考えで不用なものを買ってしまうこともあり得るでしょう。

このようなケースでは余計な出費になってしまう可能性があります。

すぐに使う分だけAmazonギフト券を安く買えばデメリットはあまり生じません。

しかし、余りが出てしまったり、安いからといって買い過ぎてしまうと損をすることもあるので注意しましょう。

安くするために手間がかかる

Amazonギフト券を安く購入するには手間がかかるのがデメリットです。

オフィシャルサイトでAmazonギフト券をクレジットカードで買うくらいなら手間があまりかからないかもしれませんが、売ってくれる友達を探し回るのは苦労が大きいでしょう。

転売サイトを利用するときにも出品の状況を確認して、安いタイミングを狙って上手に買うのは時間も労力もかかります。

オフィシャルキャンペーンを狙って買いたい場合には、頻繁にAmazonにアクセスしてキャンペーン情報を確認しなければなりません。

このような手間をかけて得られる利益が十分に大きいと考えられるかどうかは人によって違います。

よく考えてみてメリットが大きいと感じたら頑張って安く買いましょう。

無効化やアカウント停止のリスクがある

安いAmazonギフト券の買い方には無効化やアカウント停止になる場合があるのもデメリットです。

公式のキャンペーンやポイント還元を利用しても問題はありませんが、個人間で売ってもらったり、転売サイトを利用したりした場合にはリスクがあります。

Amazonギフト券は贈られた人が使用するのを原則としていて、他人に転売することを公式には認めていません。

転売によって手に入れたAmazonギフト券は不正入手と見なされてしまいます。

運営側が不正と判断したら無効化されて注意を受けることになります。

それでもなお不正入手したAmazonギフト券を使おうとしている様子があると、アカウント停止になってしまって二度とAmazonを使えなくなることすらあります。

このようなリスクがあることも覚悟して安く買うかどうかを考えることが必要です。

参考:https://www.amazon.co.jp/Amazon-%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%E5%88%B8-%E8%B3%BC%E5%85%A5/b?ie=UTF8&node=4705466051

Amazonギフト券を安く購入した人の体験談を紹介します

Amazonギフト券を安く入手した人はSNSや個人ブログなどで体験した内容を公開していることがあります。

あまりにもたくさんの体験談があるので、結局Amazonギフト券を安く購入するメリットとデメリットはどちらが大きいのかがわからない人も多いでしょう。

ここでは良かった体験談と悪かった体験談に分けて、代表的なコメントを端的に紹介します。

良かった体験談

Amazonギフト券を安く買ってみて良かったという体験談からは以下のようなコメントがあります。

喜びの声としてどのようなものがあるかを確認していきましょう。

高額商品を割安で買えた

Amazonギフト券の割安購入に成功した人からの体験談で多いのは、高額商品を安く買えたことです。

パソコンや高級家電、ブランドアイテムなどを買いたいと思ったときに、Amazonギフト券を割安で手に入れられると大きなメリットになります。

10%でも安上がりになると成功したという喜びの声が上がっています。

普段のショッピングが楽になった

普段からAmazonを使ってショッピングをしている人からは経済的負担が減って利用しやすくなったという口コミが豊富です。

ミネラルウォーターや米、健康食品や化粧品などを定期便で利用している人からは絶賛されています。

定期便を利用すると割安で購入できますが、Amazonギフト券を併用すればさらに安くなるからです。

Amazonがますますお得なサービスになったと喜びの声を上げている人も大勢います。

気軽にAmazon を使えるようになった

Amazonギフト券を安く購入できたことで気軽にAmazonを使えるようになったというコメントも見かけられます。

普段はネットショッピングをほとんどしない人や、割引クーポンやイベントが豊富なショッピングモールサイトを使っている人もいます。

しかし、Amazonギフト券が安く買えたから、今回はAmazonで買うことに決めたというケースもあります。

買い方がわかってからはAmazonがお得だから乗り換えたという口コミもあります。

悪かった体験談

安くAmazonギフト券を手に入れた結果としてやめておけば良かったと公開しているケースでは以下のような話題が上がっています。

デメリットとして挙げた内容とも関連性が深いので簡単に概要を見ておきましょう。

たくさん買ったら無効化された

Amazonギフト券を安く買った結果として悪かったという体験をしているのは無効化されたケースが目立ちます。

典型的なのは転売サイトで安いのに目がくらみ、たくさん買ったら無効化されたという事例です。

短時間で大量のAmazonギフト券が登録されたら運営側も当然不審に思い、不正入手だと見なして無効化する場合があります。

常識的な範囲でAmazonギフト券を購入することが重要です。

割安時期に買って持っていたら無効になった

割安なタイミングでAmazonギフト券を安く買い、タイムセールを狙って買おうとしていたら無効化されたという体験談もあります。

Amazonギフト券はブラックフライデーなどの破格セールが実施されるときにはニーズがあるので相場が高くなりがちです。

しかし、安い時期に買っておくとずっとアカウントに保有することになるため、運営側が調査をして不正入手品だと気付く場合があります。

長期保有は運営側に疑われるリスクを高くする原因だと認識しておいた方が良いでしょう。

努力したのにほんの少ししか利益にならなかった

Amazonギフト券を安く買うのは意味があまりなかったという口コミでは、利益があまり大きくなかったことがよく言及されています。

かなりの時間を使って努力した割には安くなかったというのが典型的です。

nanacoを使うためにクレジットカードを作るなどの手間をかけたけれど、数百円くらいしか安くならならなかったという口コミもあります。

利幅については捉え方次第ですが、買い方によっては割引率が低いので不満が生じる可能性があるのは確かでしょう。

Amazonギフト券を安く購入できる買取販売サイト・業者を紹介します

Amazonギフト券は買取販売サイト・業者を使えば安く購入できると考えられるでしょう。

個人から買うのに比べると業者を利用するのは安心感があります。

ただ、Amazonギフト券の買取サイトや買取業者はたくさんありますが、買取販売サイトや買取販売業者はなかなか見つかりません。

それどころかオフィシャルサイト以外でAmazonギフト券の販売をしているところがほとんどありません。

しかし、業界構造を知っていると実際には販売もしているサイトも見つけられます。

買取サイトと転売サイトを同時運営し、買い取ったAmazonギフト券を転売サイトで売るという方法がよく選ばれています。

この経営方法を取っていると見られる販売サイトを紹介します。

ベテルギフト

ベテルギフトは買取サイトのギフトグレースを運営している株式会社ノア商社の転売サイトです。

エラー報告対応を実装していて、セキュリティ対策が充実しています。

古物商許可(東京都公安委員会 第304361307130号)も取得しているので安心して利用できるサービスです。

Giftissue.com

Giftissue.comは買取サイトの金券買取exを運営している株式会社DAYNEEDSの転売サイトです。

取り扱っている電子ギフト券の数が29種類もあるのが特徴で、古物商許可(東京都公安委員会 第305491408223号)も取得しています。

無効報告機能があるので返品可能なのが魅力です。

Amagift(アマギフト)

Amagiftの運営会社はお魚通販.com株式会社で、買取サイトの買取ボブも運営しています。

出品手数料が安いので安価な出品が目立つのがメリットです。

古物商許可(東京公安委員会 第308841707262号)も取得していてエラー報告機能もあることから利用価値が高い買取販売サイトです。

ギフトバンク

ギフトバンクは株式会社ウチ・コーポレーションが経営する店舗型の買取業者です。

東京都神田駅前でAmazonギフト券の買取販売をしているので、東京近辺の人にとってAmazonギフト券を安く買うのに適しています。

古物商許可(東京都公安委員会 第301039904011号)もあり、創業30年の実績があることから気軽に利用できるでしょう。

Amazonギフト券を買取販売サイト・業者から購入する時の注意点

Amazonギフト券の買取販売サイトなどを利用するときには注意すべきポイントがあります。

安く買おうとするデメリットとしてアカウント停止のリスクがあることは紹介しましたが、実は買取販売サイト・業者には他にも気を付けた方が良い点があります。

買取だけのことが多い

Amazonギフト券の取り扱いをしているサイトや業者は必ずしも買取販売をしているとは限りません。

Amazonギフト券は買取だけをしていて販売はしていないことが多いので気を付けましょう。

人気が高いサイトだという理由で選んでみたものの、購入方法がわからなくて困るというケースはよくあります。

業者は買い取ったAmazonギフト券の販売をして利益を得ているだろうと考えるのはもっともなことです。

しかし、実際には転売が禁止されているAmazonギフト券をあえて販売しようと考えていない場合が多いのです。

買い取ったAmazonギフト券を販売以外の方法で利益にできれば業者としては経営が成り立ちます。

必ずしも買取業者が販売もしているとは限らないので気を付けましょう。

転売サイトと区別する

Amazonギフト券の転売サイトとはAmazonギフト券の買取販売サイトは異なります。

個人間売買の場を提供する転売サイトはAmazonから未承認で運営していることが多く、オフィシャルサイトでもサイト名やアドレスを明記して指摘されています。

このような転売サイトも見た目はAmazonギフト券の販売をしているだけに見える場合があるので注意しましょう。

転売サイトの場合には業者がAmazonギフト券の有効性などを確認していません。

Amazonでも転売は禁止しているので、アカウントに登録できたとしても無効化されるリスクが高いのが問題です。

転売サイトと買取販売サイトは区別し、安全に利用できるサイトで購入するのが大切です。

価格と手数料の問題

Amazonギフト券を安く買いたいときには価格に加えて手数料にも注意しましょう。

Amazonギフト券の購入価格が安かったとしても、手数料がかかってしまうとあまりお得ではなくなります。

買取の場合には手数料無料でも、販売の場合には手数料がかかることもあるので注意が必要です。

特に現金での支払いには振込手数料がかかる可能性があるのに留意して購入を検討しましょう。

有効期限の保証があること

買取販売サイトを利用するときにはAmazonギフト券の有効期限についての保証があるかを確認しましょう。

10年間もの有効期間があるので問題ないことが多いのは確かですが、有効期限が切れているAmazonギフト券を手にしてしまうリスクはゼロではありません。

有効期限がいつなのかがはっきりとしている業者なら安心です。目息がない場合には問い合わせていつまでなのかを説明してもらいましょう。

わからないという回答の場合には、有効期限が切れていたときの対応について聞いておくと安心です。

有効なAmazonギフト券が手に入ること

無効なAmazonギフト券を買ってしまうリスクがあることも念頭に置いておきましょう。

買取販売サイトではギフトコードによる売買がおこなわれています。

ギフトコードはAmazonのアカウントに登録するときに使用するコードで、使用済みであっても同じコードを販売することも可能です。

しかし、使用済みのギフトコードは有効ではないので、買ってもアカウントに登録できません。

買取販売サイトでは買取をする時点で有効性を確認しているのが一般的です。

しかし、手間もコストもかかるので、確認せずに買い取って販売している可能性も完全には否定できません。

購入したAmazonギフト券が無効だった場合の対応についても確認した上で利用することが大切です。

Amazonギフト券を本当に入手できること

Amazonギフト券は世界的に人気が高いので、買いたい人も売りたい人も詐欺のターゲットにされているので注意しましょう。

買取販売サイトや買取販売業者だと思って利用したら、実は詐欺でAmazonギフト券を入手できないというリスクもあります。

Amazonギフト券の買取販売をしていることが口コミなどから確認できるところを選んで利用するのが無難でしょう。

相場よりも高額買取をしていたり、格安販売をしていたりする場合には詐欺のリスクが高くなります。

少しでも安く買いたいと思うのはもっともなことですが、詐欺の被害に遭ってしまわないように入手できる保証があるところを選び出しましょう。

Amazonギフト券を安く購入する方法のまとめ

Amazonギフト券はAmazonのサービスの利用者だけでなく、Amazon Payを使っている人なら安く買えるメリットがあります。

ただ、ポイント還元によって実質的に安くする方法ではあまり安上がりにはなりません。

しかし、個人間売買では個人のつてでは相手が見つかりにくく、転売サイトは公式には承認されていない問題があります。

Amazonギフト券を安く手に入れるには買取販売サイト・業者を利用するのが最も安全性が高いでしょう。

それでもAmazonギフト券が無効化される可能性がないわけではありませんが、安全性が高くて信用できるサイトや業者を選べばリスクは最小限に抑えられます。

上手にAmazonギフト券を安く購入して、お得に活用していきましょう。

※クレジットカードの現金化の詳細記事はこちらよりどうぞ。

>>現金化の口コミ、評判、優良店業者について

あわせて読みたい
【現金化の口コミ】クレジットカード業者/安全な現金化優良店は? 急な出費で現金が必要給料日まで現金が足りない借入できる先がどこもない など、借金しないで何とか現金を工面したい時にクレジットカードを現金化する方法があります。...
目次
閉じる