【Amazonギフト券現金化】現金化の方法や換金率は?現金化の注意点

amazon-gift-genkinka

Amazonギフト券は、オンラインショッピングサイトの「Amazon」で利用ができるギフト券です。

Amazonで商品を購入する際には、現金と同様に使用することが可能になります。

このAmazonギフト券の現金化について詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

目次

Amazonギフト券はどうして現金化できるの?

少し前までは、ギフト券と言えば、商品券のイメージがありました。

これら商品券は、「全国百貨店共通商品券」・「VISAギフトカード」・「JCBギフトカード」などが良く知られていました。

現金化と言えば、一昔前までは、これら商品券を金券ショップに持ち込んで買取をしてもらい現金化するのが主流でした。

もちろん、手元にあるブランド品や時計や衣類などをリサイクルショップへ持ち込めば現金化が可能ですが、購入価格よりかなり低い買取価格となるので効率が良いとは言えません。

そもそも、中古品となるわけですから、低い買取価格となるのも致し方ない側面もあります。

換金率の側面で考えれば、金券は高い換金率なので現金化に向いているのです。

それも手元に商品券があればの話です。

そして、時代の変化と共にインターネット上にオンラインショップが誕生します。

日本では1997年に楽天市場が誕生します。さらに1999年にヤフーショッピングが営業を始めます。

現在、オンラインショップと言えばAmazonをイメージする人が多いかもしれません。

Amazonは1993年にアメリカでサービスを開始していますが、日本では2000年からサービスを開始しています。

意外なことに楽天市場やヤフーよりも後に、オンラインショップとして誕生し営業をしているのです。

オンラインショッピング誕生前までは、現金化は、「全国百貨店共通商品券」・「VISAギフトカード」・「JCBギフトカード」などの商品券を古物商にて買取をしてもらう手法がメインでした。

しかし、これら商品券と呼ばれていたギフト券の購入は、現金でしか行うことができなかったのです。

これは現在でも変わりありません。

金券として扱われるギフト券は、クレジットカード決済での購入ができないのです。

これは、各クレジットカード会社が現金化を抑止するために取った対応です。

クレジットカードは、現金化を目的に利用してはならないと、各クレジットカード会社のルールよって決められているのです。

そのため、これまでは誰かから貰った商品券を使わないからという理由で、古物商で買い取ってもらい現金化するくらいだったのです。

しかし、ネットショッピングが成熟していく過程でAmazonで取り扱い始めたAmazonギフト券は、Amazonのウエブサイトからクレジットカード決済で購入が可能なのです。

これによって、クレジットカードさえ手元にあれば、手元に現金がなくともAmazonギフト券を手にすることができたのです。

そして、このAmazonギフト券は、他の商品券同様に金券として現金化が可能なのです。

このようにしてAmazonギフト券は、Amazonのウエブサイトからクレジットカード決済で購入できるため、現金化の救世主的に注目を集めることとなったのです。

これまで商品券とも呼ばれていた、ギフト券はクレジットカードを利用して購入することが出来きませんでした。

現金でしか購入できないギフト券を現金化することの利便性は無いにも等しかったのです。

ところが、Amazonギフトカードはクレジットカードを利用して購入が可能です。

手元に現金がなくとも購入ができるのです。

そして、購入したAmazonギフト券を買取してもらえば、手元に現金がなかったはずなのに現金を手にすることも可能になるのです。

このようにAmazonギフト券は、これまでのギフト券との比較でも非常に利便性が高いと判断されたのです。

そして、多くの人が現金化に利用するようになったのです。

しかも、Amazonギフト券は電子マネーです。

コードを入力するだけでアカウントに反映される仕組みです。

プレゼント用としても利用できるからこそギフト券と命名されているのです。

つまりは、コードを誰かに贈ることで、贈られた人が利用できるわけです。

この利便性は、売買する場合にも非常に利便性が高くなるわけです。

コードを伝えさえすれば売買が成立することになります。

クレジットカード決済が可能であることのみならず、買取を依頼するのも簡単に行えることになる訳です。

Amazonギフト券が買取してもらえるのは、1つにAmazonギフト券が「金券」であるからです。

現金と同じ価値を持ち、オンラインショップの「Amazon」で利用ができます。

合わせて、オンラインショップの「Amazon」は品ぞろえが豊富です。

ありとあらゆるものが買え、同時に多くの人が利用するようになった現実があります。2つ目の理由が利用ニーズが高いことです。

この2つが主な理由で、買取が行われているのです。

もちろん買取業者は、安く買取、高く売って差額を利益として得ることが可能です。

また、買取業者から購入する人は、Amazonで購入するよりも割安で購入できるわけです。

それぞれのニーズがあるからこそ事業として成り立つのです。

もしAmazonが現在のように成長しなければ、買取に応じてもらえなかったかもしれません。

Amazonギフト券の買取業者は古物営業法の許可が必要?

一般に商品券とも呼ばれるギフト券の買取を行う業者は、古物商としての許可申請を行い、許可を得て営業をする必要があります。

同時に古物営業法という法律を順守する必要が生じます。

古物営業法は、昭和24年5月に施行されています。

この法律の目的は、「盗品等の売買の防止」・「速やかな発見をはかるため」です。

合わせて古物営業に係る業務についても必要な規制等を行い、窃盗やその他の犯罪の防止を図り、その被害の迅速な回復に資することを目的としています。

古物商が取り扱う商品は、13品目と定められており「美術品」・「衣類」・「時計」・「自動車」・「自動二輪」・「自転車類」・「写真機類」・「事務機器類」・「機械工具類」・「家具・遊具」・「皮・ゴム製品」・「書籍」・「金券類」とされています。

Amazonギフト券が「金券」に当たるとすれば、買取業者は、古物商許可申請を行い古物商として営業することを許可される必要があります。

もし、古物商としての営業許可を得ていなければ違法営業となると考えられるのです。

金券と呼ばれるものには、古物というイメージがありません。

しかし、古物営業法という法律の中で、金券類も古物営業法施行規則に記されており、取り扱うことができる商品となるのです。

金券とは、商品券や乗車券、切手などのことを指します。よってAmazonギフト券の買取業者は、古物営業法の許可が必ず必要と考えられるのです。

古物営業法では、盗品等を古物商で現金化をすることを未然に防ぐために、売り主の特定ができるように買取に当たっては、個人が特定できる書類の提出が求められます。

よって、Amazonギフト券の買取の際も、免許証やパスポート、顔写真付きのマイナンバーカードなどの提示が必要になるのです。

裏を返せば、Amazonギフト券をこれら個人情報を提示せずとも買取をしてくれる業者があるとすれば、違法業者の可能性が高くなるとも言えるのです。

さて、Amazonギフト券の買取をするためには、古物商としての営業許可を得ることが必要とお伝えしましたが、異なる見解があるのもまた事実なのです。

異なる見解とは、Amazonギフト券の買取が顕著な例となります。

Amazonギフト券の買取の際に必要なのは、「コード」と呼ばれる英数字の番号のみです。つまりは、「物」がないのです。

物がない以上「古物」として扱うのが妥当なのか判断に迷ってしまいます。

時代の変化にルールや法律の制定が追い付いていない現状があり、様々な見解が可能な現状があるのです。

それ故に、古物商の営業許可を得ていない買取業者があるのもまた事実なのです。

総合すれば、古物商の営業許可を得ている業者の多くは店舗を持っており、所在が明確で安心ができます。

一方、古物商の営業許可を得ていない業者の場合は、ネットを介在して買取をするため、所在を確認できずに不安が生じることは理解しておくべきことと言えることになります。

Amazonギフト券の現金化は貸金業法が適用される?

Amazonギフト券の買取業者は、古物商としての営業許可を受けていることが必要と記しましたが、先に少し触れたとおりに、もう一つ問題が残っています。

これはAmazonギフト券が電子ギフト券であると言う側面から来ているものです。

Amazonギフト券は、電子ギフト券なので現物が存在しないのです。

存在するのは、ギフトコードと呼ばれる英数字のみです。

厳密に言えば、古物営業法の適応が及ばない範囲にあるとの解釈も可能なのです。

過去に古物商として許可を得て運営していた古物商が、クレジットカードの現金化を行い摘発された事例があります。

この際の警視庁の見解は、クレジットカードを利用した現金化を行う事業者は、事実上の貸金業者であるとの見解を示しました。

同様に弁護士の中にも同様の見解を示す弁護士も存在します。

この見解に基づけば、Amazonギフト券をクレジットカードを利用して購入し、現金化をした場合は貸金業の範疇との理解ができることになります。

貸金業法は昭和58年に制定された法律です。

貸金業が社会に果たす役割から登録制とし、適正な活動と運営を促すことを目的として制定されています。

貸金業というからには、融資を行う業種ということになります。

この点から見るとAmazonギフト券の買取が融資に当たるとは、考えにくい現状があります。

しかし、現金化という側面から考えると、融資の色合いが強いことは明らかとも言えます。どうしても現金が必要だから、Amazonギフト券を購入してそれを現金化したとすれば、直接的な融資ではないにせよ間接的な融資との解釈です。

それでも現状、金券等の買取は融資に当たりますとの結論が出されたわけではありません。

現在の日本の法律においては、この問題のように明確に解決に至らせる法律がない現状が多くの物事の間にある現実があります。

Amazonギフトの現金化は、古物営業法の適応が及ばない範囲にあるとも言え、かつ管理規制を行う法律がなく、現金化という観点からは、貸金業の範疇との見解も持てるということになるのです。

これから先には、どの法律で管理をするのかが明確になるはずですが、結論が出るのはずっと先のことになるのは確実です。

Amazonギフト券のような電子ギフト券の買取が「貸金業」の範疇になるのか、それとも「古物商」の範疇になるのか明確になるまでは結論づけられないと言えるのです。

この点から言えば買取業者が「貸金業」として正規に運営をしている会社であれば、安心度が高いと判断できる一つの材料にしかならないと言えます。

Amazonギフト券を現金化するときの注意点

まずは、大原則として知っておくべき必要があることから確認しておきましょう。

クレジットカードを利用した現金化は、各クレジットカード会社で禁止されている行為であることは理解しておく必要があります。

つまりは、クレジットカードを利用して、Amazonギフト券を購入、そして、それを買取業者等で現金化を行ったっ事実をクレジットカード会社が把握をすると、カード利用の停止の対応を取られる可能性があるということです。

とはいえ、過度に購入と現金化を繰り返していなければそのリスクは低いとえます。

なぜなら、ギフト券は知人にプレゼントをするために購入する場合も想定できるからです。

もちろん毎月のように利用限度額一杯まで、Amazonギフト券を購入するようなことしていれば、そうはいきません。

クレジット会社としてもこれほどまでにAmazonギフト券を購入するのは異常と認識して、確認を行うはずです。

そして、現金化のの可能性があると判断すれば、クレジットカードの利用規約に則って利用を停止する対応をするでしょう。

また、場合によっては一時的な利用停止ではなくクレジットカードそのもの契約を破棄することにつながる可能性もあるということが言えます。

また、Amazon側も相応の対応はしています。Amazonのウエブサイトでは、「転売もしくは不正に取得された可能性のある Amazon ギフト券のロック(凍結処置)および無効化ならびに関連するアカウントの停止を随時行っております。」と記しています。

しかし、ギフトカードという側面から考えれば、誰かから贈られたカードを利用したら、ロックやアカウント停止の可能性が生じるということになります。

つまりは、実効性のない注意喚起レベルの表記といえます。それ故、「転売もしくは不正に取得」という表現を使用しているのだと思います。

Amazon側が、それぞれのAmazonギフト券の入手経路を追っているとは考えづらく、それ以上に売り上げを重視していると考えられるからです。

続いて、買取をしてもらう時に注意すべき点です。

買取をしてもらう際には、基本的に個人情報の確認があること、同時に個人情報の確認書類を提出しなければならないことは理解をしておくべきでしょう。

よって、申込み時に記載した内容と確認書類の記載事項に違いがあれば問題となります。

また、買取業者の選択は慎重に行う必要があります。店舗型の買取業者の場合は、対面で取引をしますので、万が一の際にも相手が明確になります。

しかし、ネット型の買取業者の場合は、対面での取引ではなく、相手が確認できません。それ故、下調べが重要となるのです。

下調べする項目は、買取事業者の「所在地」・「電話番号」・「古物商の許可を得てるか」などを確認します。

ネット型の買取事業者でも、これらの記載のない業者の利用はお勧めできません。

ついで、「買取価格」・「振込にかかる時間」などを確認します。合わせて、口ちこみも確認しておく必要があります。

口コミを確認する場合は、買取業者を紹介するようなサイトの口コミではないものを参考にするのが良い方法です。

紹介サイトは、アフリエイトで報酬を得ている可能性があり、紹介している事業者の悪い部分は記載していない場合が多いからです。

逆になんでも書き込める口コミサイトの場合は、不満が多く記載される傾向が強いのもまた事実です。

なぜなら、期待通りならばわざわざ口コミを記すことの方が稀だからです。その意味では両者をしっかりと確認するのが最も良い方法と言えます。

また、初めて利用する場合は不安がつきものです。

どうして無不安がぬぐえな場合は、小額の買取をして自身で確かめてから、大口の依頼をすることをお勧めします。

とはいえ、多くの買取業者は、初回の買取率を上げるサービスを行っています。有効に活用しようとすれば、初回に大きな金額の買取を希望した方が得をします。

安心をとるか、買取率をとるかは、利用する側の判断にゆだねられます。

Amazonギフト券の現金化の方法まとめ

Amazonギフト券を現金化する方法はいくつかあります。

お住まいの場所、環境、買取を必要とする理由や時間的なゆとりなど様々な状況で、選ぶべき買取方法が異なります。

お住まいの地域や実情に合わせて最も適する方法を選択できるように以下の事柄は知識として持っておく必要があります。

1 つ目は、手間がかかり、一定の時間を要するものの、場合によっては高還元率で現金化できる方法です。

この方法は、「ヤフーオークション」や「メルカリ」などのオークションサイトや転売サイトを利用するものです。

いずれも出品をするのに手間がかかります。画像などは必要ありませんが、画像はあった方が目に留まりやす傾向にあるのも事実です。

これまでの利用実績や落札者、出品者としての評価も影響を与えます。

特に初めての出品の場合は、実績がないので中々、買い手がつかないこともあります。

相応に時間的なゆとりがないと、現金を必要とする期日までに現金化できない可能性も生じます。

また、落札者や購入者がすぐに対応してくれるとも限りません。

手間と時間を要することを受け入れられるのであれば、高換金率で現金化できる方法です。期待できる換金率は、80%~90%程度です。

メールで送付することで商品の受け渡しができるので手軽です。

しかし、必ずしも落札者が誠意のある対応をしてくれるとは限りません。また、落札や購入後にトラブルとなる可能性も少なからずあることは理解をしておくべきでしょう。

2つ目の方法は、Amazonギフトの買取をしてくれる古物商に持ち込む方法です。

こちらは、買取の相手がはっきりしているので、トラブルの可能性は断然低くなります。

一方で、買取価格は低いと言う難点があります。

ギフトカードの額面にもよりますが65%~75%との換金率が一般的なようです。また、買取価格の交渉も多少であれば可能になります。

ネットを介在しない安心感があり、即現金化が完了するのでおすすめと言えます。

しかし、お住まいに地域の近隣に必ずしも、買取業者が営業しているとは限りません。

近くで営業している買取業者があればよいですが、すぐ近くにはない場合もあるはずです。

移動に交通費がかかったり、時間を要してしまったりという側面があるのは理解しておく必要があります。

インターネットで古物商として営業している店舗があるかの確認とAmazonギフト券の買取を行っているかの確認は絶対に必要になります。

3つ目の方法は、オンラインで対応してくれる買取業者に買取を依頼する方法です。

全国どこからでも利用が可能で、わざわざ出向く必要もなく利便性は高いのですが、対面ではないため不安が残ると言うデメリットもあります。

入念に口コミ等で下調べをして、利用するのが良いでしょう。

換金率は、ギフトカードの額面にもよりますが、70%~80%が一般的です。キャンペーン等をうまく活用すると90%近い買取を行っている業者も存在します。

ただし、対面ではないので不安が残ることは理解をしておく必要があります。

初めての利用の場合には小額の買取を依頼するなどの対応をするのが理想かもしれません。

また、多くの買取業者が、買取後に振込みをしてくれます。

業者によって取扱銀行に差があり、銀行によっては即時振込の対応がある場合もあります。

取扱銀行などの情報もしっかりと確認をしてから利用する必要があります。

主な、Amazonギフト券の買取してもらう方法は、この3つになります。

いずれの方法を選択するかは、利用する側の判断です。

高換金率を求めるのであれば、オークションや転売サイトの利用が良いでしょう。

逆に急ぐ場合は、ネットで対応してくれる買取業者の利用がおすすめと言えます。

また、不安を感じたら必ず問合せをするようにしましょう。

不安を抱えたままの利用は、理想とは言えません。

多くの場合、問合せにはしっかりと対応してくれ安心感を持たせてくれるはずです。

また、電話での問い合わせに抵抗のある方は、メールので問合せをしてください。

電話のように即対応とはいきませんが、返事をどのぐらいでもらえるかという側面から業者の対応を判断することができ、返信もメールからも信用度を推し測れるはずです。

最後に、Amazonギフト券の買取は、計画的に行うことをおすすめします。

クレジットカードで決済をしているので翌月には現金化した金額よりも多い請求が来ます。

そのことを忘れずに有効な利用をしてください。

※クレジットカードの現金化の詳細記事はこちらよりどうぞ。

>>現金化の口コミ、評判、優良店業者について

あわせて読みたい
【現金化の口コミ】クレジットカード業者/安全な現金化優良店は? 急な出費で現金が必要給料日まで現金が足りない借入できる先がどこもない など、借金しないで何とか現金を工面したい時にクレジットカードを現金化する方法があります。...

現金化の方法の1つにAmazonギフト券の買取がありますので興味がある場合はこちらの詳細記事をチェックしてみてください。

>>Amazonギフト券の買取について

>>amaten(アマテン)の評判について

>>Amazonギフト券を安く購入する方法について

>>ギフトグレースの評判・口コミについて

あわせて読みたい
【Amazonギフト券買取】高価で人気!おすすめのAmazonギフト券買取サイト Amazonギフト券買取サイトを利用する方の多くが「手元にある不要なAmazonギフト券を売りたい」「金欠だからショッピング枠を現金化したい」という理由です。 ですが初め...
あわせて読みたい
【アマテンの評判】amatenの口コミは?リスクが高いって本当!? 個人売買サイトamaten(アマテン)は「電子ギフト券 売れる!買える!」というキャッチフレーズの電子ギフト券関連サイトです。amatenを使うとAmazonギフト券などの電...
あわせて読みたい
【Amazonギフト券を安く購入する方法!】電子ギフト券のおすすめ買取販売サイト Amazonギフト券を代表とする電子ギフト券はさまざまなシーンで活用できることから高い人気があります。 Amazonギフト券などの電子ギフト券を額面よりも安く購入できたら...
あわせて読みたい
【ギフトグレースの評判】口コミは?優良店って本当?利用の流れについて ギフトグレースは国内でもシェアが広い電子ギフト券の買取サイトです。 キャンペーン特典や懸賞などで電子ギフト券を手に入れたときにはギフトグレースを利用すると現金...
目次
閉じる